健康用語WEB事典

ケトコナゾール(ketoconazole)

イミダゾール系抗真菌剤。白癬皮膚カンジダ症癜風脂漏性皮膚炎などに対する治療薬。*1*2

ケトコナゾールの化学構造

皮膚糸状菌トリコフィトン属、ミクロスポルム?属、エピデルモフィトン?属)、酵母類(カンジダ属)および癜風菌に対して優れた抗真菌作用を示す。*3

CYP4Fに対する阻害活性を持つ。*4

*1Osaka Prefecture University Repository: 抗真菌剤ケトコナゾールのラット胎盤に及ぼす影響に関する研究: http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/handle/10466/16008
*2ケトコナゾールクリーム2%「JG」/ ケトコナゾールローション2%「JG」: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2655709N1070_1_01
*3ビホナゾールクリーム1%「F」: https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00062286.pdf
*4椙山女学園大学 ラット体内ビタミン E 濃度の調節因子に関する研究 阿部稚里: http://www.sugiyama-u.ac.jp/univ/assets/docs/doc_abe.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ケトコナゾールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileketoconazole.png 閲覧数 60回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-01-14 (火) 08:28:50