健康用語WEB事典

ケネディ経路(Kennedy pathway)

エタノールアミンコリンからホスファチジルコリンレシチン)を生合成する代謝経路。*1

グリセロール-3-リン酸からリゾホスファチジン酸ホスファチジン酸ジアシルグリセロールなどを経てグリセロリン脂質がde novo生合成される。1956年にKennedyらによって報告された事から名付けられた。*2

*1大阪大学大学院生命機能研究科 リン脂質のメチル化 選択的ミトコンドリア分解を制御する新たな細胞内経路の発見: http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/jpn/events/achievement/sakakibara-okamoto-20151009/
*2菱川大介 生体膜の非対称性および多様性に重要な新規リゾリン脂質アシル基転移酵素ファミリーの発見 学位論文要旨詳細: http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=124766

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ケネディ経路に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-26 (水) 11:04:34