健康用語WEB事典

ケラトヒアリン(keratohyalin)

ケラトヒアリン顆粒に存在するプロフィラグリンから生成される物質。

顆粒層細胞淡明層に移行する際にエライディンエレイディン)が生じる。

ケラトヒアリンがケラチン前駆体であるかは見解が分かれている。

ケラトヒアリンはケラチンの前段階物質と考えられている。*1

ケラトヒアリンはケラチン(角質)の前段階のものではなく,おそらく水様物質が皮膚に侵入するのをふせぐ役目をもつものであるという(Hoepke).ケラトヒアリンは脂質ではなくてむしろ一種の蛋白質である.*2

*1神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 学内研究成果 】 皮膚と付属器: http://www.lib.kobe-u.ac.jp/products/jintai1/T021.pdf
*2Rauber-Kopsch解剖学 S. 685: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/Rauber-Kopsch/band2/685.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ケラトヒアリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-06-13 (水) 09:08:01