健康用語WEB事典

ケルセチン(quercetin)

フラボノイド系のポリフェノールのひとつ。クエルセチンクェルセチンとも。分子式は C15H10O7

ケルセチン(クェルセチン)の化学構造

ルテオリンヒドロキシ基が1つ付加した誘導体。リンゴや玉ねぎ、シソなどに含まれる。食事で最も多く取り入れられるフラボノイドとされる。タマネギに含まれる抗酸化作用を持つ物質はケルセチンの配糖体とされる。*1*2

ケルセチンの効果

強い抗酸化作用を持っている。また、様々な酵素の活動を活性化および抑制することで抗がん作用や抗炎症作用を発揮する。*3

1993年にオランダで行われた疫学調査で、タマネギやりんごなどからケルセチンをはじめとするフラボノイドを多く摂取していた人は、心臓病の発症率が低かったという結果が得られました。*4

また、ルテオリンと同様に、ケルセチンには過剰なコレステロールの吸収を抑制することから、高コレステロール血症の予防に繋がることが示唆されている。

ケルセチンの脂肪肝改善や脂質代謝改善の作用は、C/EBPβに結合することで、小腸細胞リポタンパク質代謝に関わる遺伝子(特にアポB遺伝子)の発現を低下させることによることが報告されている。*5

ケルセチンを含む食品*6

*1食品ポリフェノールが腸管におけるコレステロール吸収を抑制するメカニズムを解明: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2014/20140529-1.html
*2北海道産タマネギ品種のケルセチン含有量と抗酸化能の差異: http://ci.nii.ac.jp/naid/10031202126
*3Quercetin Enhances Intestinal Barrier Function through the Assembly of Zonnula Occludens-2, Occludin, and Claudin-1 and the Expression of Claudin-4 in Caco-2 Cells: http://jn.nutrition.org/content/139/5/965.full
*4ケルセチン | 成分情報 | わかさの秘密: http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/quercetin/
*5機能性食品成分ケルセチンによる代謝改善効果の新たな分子機構を解明: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2015/20150512-1.html
*6国立大学法人 旭川医科大学抗酸化機能分析研究センター: http://food-db.asahikawa-med.ac.jp/dictionary.php?content=component_dictionary&id=138

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ケルセチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filequercetin.png 閲覧数 279回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-09-30 (日) 10:46:45