健康用語WEB事典

ケルニッヒ徴候(Kernig's sign)

髄膜刺激症状のひとつ。仰臥位大腿を胴体に近づけると反射的に下肢膝関節で屈折する現象。*1

診断する場合、対象者の股関節を曲げ、膝関節を押さえながら下腿を伸ばす。真直ぐ伸ばすことができなければケルニッヒ徴候である。*2

*1医薬品等安全性情報 イブプロフェンと無菌性髄膜炎: https://www.umin.ac.jp/fukusayou/adr114c.htm
*2神経診察のチェックポイント(OSCEより高いレベルを目指す)岐阜大学神経内科・老年学 教授 下畑享良: http://www.med.gifu-u.ac.jp/neurology/study/document/checkpoint.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ケルニッヒ徴候に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-04-30 (火) 20:54:53