健康用語WEB事典

ゲシュタルト崩壊(Gestaltzerfall)

1947年に報告された失認のひとつの症候。健常者にも漢字の持続的な注視などによって生じる。*1

あるものに意識を集中し続けるとその全体性を認識できなくなる現象である.例えば,ある漢字を凝視し続けると,その漢字を構成する部首等の部分がばらばらに認識され,意味が分からなくなり,まったく新しい漢字のように錯覚される.*2

*1白鷗大学論集 ゲシュタルト崩壊と事象関連電位に関する研究 舩田眞里子 橋本航: https://hakuoh.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=2046&item_no=1&page_id=13&block_id=21
*2情報学広場:情報処理学会電子図書館 ゲシュタルト理論に基づく思いこみ修正支援HCIモデル: https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=73286&item_no=1&page_id=13&block_id=8

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ゲシュタルト崩壊に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-07 (火) 11:13:01