健康用語WEB事典

コフィリン(cofilin)

真核生物全般に存在するアクチン結合タンパク質イノシトールリン脂質pHリン酸化脱リン酸化によって活性が制御される。*1

アクチン骨格の再構築において最も重要な制御因子とされる。*2

コフィリンを活性制御するキナーゼとしてLIMキナーゼTESK?が同定されている。*3

*1KAKEN — 研究課題をさがす | コフィリンのリン酸化部位の同定、及びリン酸化・脱リン酸化による活性制御の解析 (KAKENHI-PROJECT-07780643): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-07780643/
*2KAKEN — 研究課題をさがす | コフィリンによるアクチン骨格ダイナミクスの制御機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-17570152): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-17570152/
*3東北大学 水野研 -研究内容-: http://www.biology.tohoku.ac.jp/lab-www/mizuno_lab/naiyou/naiyou_2_1.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


コフィリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-28 (火) 13:11:54