健康用語WEB事典

コリスミ酸(chorismic acid)

シキミ酸経路における中間代謝産物コリスミン酸とも呼ばれる。

コリスミ酸の化学構造

コリスミ酸はさらにアントラニル酸プレフェン酸代謝され、アミノ酸フェニルアラニンチロシントリプトファンの原料となる。*1

*1岡山理科大学・生物化学科 植物科学Ⅰ 講義資料 生合成反応:一次代謝と二次代謝: http://www.dbc.ous.ac.jp/~ino/courses/plant_1/PDF/ps1-14.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


コリスミ酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filechorismic_acid.png 閲覧数 188回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-01-13 (土) 20:42:52