コルチゾール(cortisol)

グルココルチコイドのひとつ。もうひとつのグルココルチコイドであるコルチゾンの11位のケトン基ヒドロキシ化された構造を持つためヒドロコルチゾンとも呼ばれる。

コルチゾールの化学構造

起床時に多く分泌され、就寝時には分泌量が減少する。

ストレスによって分泌量が増加するストレスホルモンでもある。血圧を上昇させる。セロトニンを減少させる作用を持つ。*1*2*3

ストレス(精神的・肉体的ストレスの他、飢餓、寒冷、外傷など)にさらされると、視床下部室傍核CRH 分泌が増加し、それにより下垂体からの ACTH 分泌が増加し、最終的に副腎皮質からのコルチゾール分泌を増加させます。*4

コルチゾール11β-水酸化ステロイド脱水素酵素?11β-ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼ?)によってコルチゾンに変換される。*5

*1コルチゾール,CORT(cortisol): https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/fukujinh/cor.htm
*2痛みと鎮痛の基礎知識 - Pain Relief ー内分泌系とホルモン: http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/anat-endocrine.html
*3山口大学 保健管理センター便り: https://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~hoken/hokekan/tayori/252.pdf
*4浜松医科大学 平成28年8月17日 ストレスホルモン放出機構の新しい経路を発見: https://www.hama-med.ac.jp/bd79e0634826e38ffeef3b8d62a622dc.pdf
*5クッシング症候群/サブクリニカルクッシング症候群: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaesjsts/33/1/33_27/_html/-char/ja/

コルチゾールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filecortisol.png 閲覧数 140回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-09-03 (月) 19:55:42