コレシストキニン(cholecystokinin : CCK)

十二指腸空腸I細胞および回腸結腸神経細胞から分泌されるホルモン*1

腸管から分泌されたコレシストキニンは迷走神経から延髄孤束核を介して、視床下部弓状核NPY/AgRPニューロンを抑制すると同時にPOMC/CARTニューロンの活動を促進して摂食を抑制する。*2

味細胞発現し、苦味によっても分泌される。味細胞および味神経発現するコレシストキニンの受容体(CCK-Ar、CCK-Br)を介して苦味情報伝達に関与するとされる。*3

食後の胃酸膵液胆汁分泌を制御する。脂質消化吸収への関与や、満腹中枢を刺激して食欲をコントロールする作用が知られている。*4*5

*1徳島大学医学部大学院 ホルモン機能の視床下部性調節: http://www.tokushima-u.ac.jp/med/culture/sutoresu/info/2014100100018/files/20141119m2hosoku.pdf
*2食欲調節の中枢神経機構 新見道夫 香川県立保健医療大学保健医療学部臨床検査学科: https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20180515145305.pdf?id=ART0010024891
*3味細胞に発現するコレシストキニンの味覚応答への関与 進美沙: https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_download_md/1500646/dent0673_abstract.pdf
*4平成 25 年度新潟大学脳研究所 「脳神経病理標本資源活用の先端的共同研究拠点」 共同利用・共同研究報告書 コレシストキニン受容体による脳腸機能相関の伝達基盤と生理機能に関する研究: http://www.bri.niigata-u.ac.jp/files/7714/1108/7918/05-13H25.pdf
*5消化管における脂肪酸受容体の研究: http://www.htc.nagoya-u.ac.jp/~ishiguro/lhn/sibou.html

コレシストキニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-31 (金) 17:49:02