健康用語WEB事典

コレステノン(cholestenone)

コレステロールに似た構造を持つ有機化合物

ピロリ菌細胞壁成分であるコレステリル-α-D-グルコピラノシド?生合成を阻害することによる抗活性を示す。従来の抗菌剤とは異なる作用機序で抗作用を示すとされる。*1

タグ: コレステロール 細菌 細胞壁 ピロリ菌 有機化合物

*1コレステロール類似物質「コレステノン」がピロリ菌に対して抗菌活性を示すことを発見しました。|トピックス|信州大学医学部: https://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/topics/2021/04/19153845.php

ご意見・ご要望をお聞かせください。


コレステノンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2021-04-27 (火) 10:34:16