健康用語WEB事典

コレステリルエステル転送タンパク質(cholesteryl ester transfer protein)

肝臓小腸で合成される血液中に存在するタンパク質コレステロールエステル転送タンパク質とも。

血漿中のリポタンパク質の間でコレステリルエステルトリグリセリドの双方向の転送を促進する。*1

CETPが欠損すると、HDLが異常に増加したりLDLが質的に変化するなどの異常が起こり、コレステリルエステル転送タンパク質欠損症?となる。*2

*1コレステリルエステル転送タンパク質(CETP)測定ELISAキット | コレステリルエステル経路の研究に有用 | コスモ・バイオ株式会社: http://www.cosmobio.co.jp/product/detail/cbl-20130823-5.asp?entry_id=11549
*2難病情報センター | コレステリルエステル転送蛋白(CETP)欠損症(平成21年度): http://www.nanbyou.or.jp/entry/643

ご意見・ご要望をお聞かせください。


コレステリルエステル転送タンパク質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-09-30 (月) 07:17:34