コレラ毒素(cholera toxin)

小腸に到達したコレラ菌が放出する毒素小腸上皮細胞細胞膜発現しているGM1糖脂質?に結合し細胞内に取り込まれ、最終的にサイトゾルに侵入することで毒性を発揮する。*1

リサイクリングエンドソームに局在するエベクチン2ホスファチジルセリンによって細胞膜からゴルジ体に輸送されることが確認されている。

サイトゾルでは三量体Gタンパク質ADPリボシル化を行うことで、その恒常的な活性化を引き起こす。その結果としてcAMPの濃度が異常に上昇し、電解質と水が大量に漏出することでコレラ特有の激しい下痢の原因になると考えられている。

*1コレラ毒素の細胞内侵入経路を発見 新たな抗毒素薬の開発などに貢献: http://www.jst.go.jp/pr/announce/20110913/index.html

コレラ毒素に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-12-05 (水) 09:46:01