健康用語WEB事典

コンドロイチン硫酸C(chondroitin sulfate C)

コンドロイチン硫酸のひとつ。軟骨に存在する。コンドロイチン-6-硫酸とも呼ばれる。

コンドロイチン硫酸Cの化学構造

N-アセチル-D-ガラクトグルコサミン-6-硫酸?D-グルクロン酸が結合した二糖類を基本構造とする。*1

*1千葉科学大学紀要 ヘパラン硫酸プロテオグリカン - 細胞と組織のオーガナイザー: https://cis.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=92&item_no=1&page_id=13&block_id=21

ご意見・ご要望をお聞かせください。


コンドロイチン硫酸Cに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filechondroitin_sulfate_C.png 閲覧数 338回 [詳細]

この用語を編集/画像添付
このページの最終更新日時: 2020-02-28 (金) 12:23:32