コンドロイチン硫酸E(chondroitin sulfate E)

コンドロイチン硫酸のひとつ。ケモカインと特異的に結合する特殊な四糖構造を豊富に持ち、ケモカインの作用を抑制する。また、L-セレクチンリガンドの結合も強く抑制する。これらのことから、コンドロイチン硫酸Eが抗炎症作用を持つことが示唆されている。*1

*1KAKEN — 研究課題をさがす | コンドロイチン硫酸プロテオグリカン・バーシカンによるケモカイン作用の抑制と抗炎症 (KAKENHI-PROJECT-12771399): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-12771399/

コンドロイチン硫酸Eに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-09-16 (月) 13:32:35