コンバラトキシン(convallatoxin)

スズランなどヒガンバナ科に含まれる、水溶性で有毒なアルカロイドヒガンバナアルカロイド)のひとつ。*1*2

コンバラトキシンの化学構造

初期症状は嘔吐下痢頭痛めまい血圧低下など。強心配糖体であり、強心作用による不整脈心不全心臓麻痺が起こる。重症の場合は死亡することもある。*3

*1東大阪大学短期大学部 健康栄養学科 野田勉研究室 毒のはなし: http://sky.higashiosaka.ac.jp/~noda/index.php?c=2-
*2食中毒の原因物質となる植物性自然毒(リコリン、コンバラトキシン)の同時分析法 | AgriKnowledge: https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010892019
*3東大阪大学短期大学部 健康栄養学科 野田勉研究室 スズランの赤い実: http://sky.higashiosaka.ac.jp/~noda/index.php?e=65

コンバラトキシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: fileconvallatoxin.png 閲覧数 4回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-09-15 (日) 14:17:14