コンパクチン(compactin)

京都産のに付着した青カビの一種から発見された、コレステロールの合成を阻害する有機化合物プラバスタチン前駆体メバスタチンとも呼ばれる。*1

コンパクチン(メバスタチン)の化学構造

コンパクチンの水素メチル基に置き換わったスタチンロバスタチン

*1(株)化学同人 京都大学大学院薬学研究科 くすりをつくる研究者の仕事 薬のネタ探しから私たちに届くまで 2017/3/30

コンパクチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filemevastatin.png 閲覧数 93回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-05-06 (月) 08:03:29