健康用語WEB事典

コーン油(corn oil)

トウモロコシ胚芽から得られるトウモロコシ油とも。

脂肪酸リノール酸が50%、オレイン酸が36%、パルミチン酸が8%、ステアリン酸が6%。β-シトステロールが1.4g中に約90mgと豊富に含まれる。*1

コーン油を摂取したマウスの褐色脂肪組織では熱産生に関わるタンパク質であるUCP1発現の増加が見られ、肩甲骨褐色脂肪組織の熱産生を向上させエネルギー消費を亢進させることが報告されている。*2

タグ: 脂質 油脂 植物油

*1知識ゼロからの健康オイル 幻冬舎 井上浩義(2016/11/10): https://amzn.to/33T3Rad
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 2017 年度 実績報告書 (KAKENHI-PROJECT-16H04924): https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-16H04924/16H049242017jisseki/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


コーン油に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-15 (木) 07:49:47