ゴルジ体

細胞小器官のひとつ。発見者であるイタリア人病理学者のカミッロ・ゴルジ(1843-1926)から、その名が付けられた。

ゴルジ装置ゴルジ複合体とも呼ばれる。

ゴルジ体はリボソームなどが細胞内で作るタンパク質を加工して細胞外に分泌する役割を持つ。

複数の嚢と呼ばれるものが積み重なった構造を持ち、タンパク質の入口(シス嚢)と出口(トランス嚢)がある。

多細胞生物のゴルジ体は、細胞分裂の際、一旦バラバラに壊れ、細胞分裂が終わると再度集まるという特性を持つ。この細胞分裂時に、ゴルジ体を人為的に壊れない様にすると細胞分裂が行われないことが明らかとなり、細胞の増殖に関わりがあることが示唆されている。*1

ハエや酵母などは、もともと分離した形のゴルジ体を持つ。

*1古くて新しいゴルジ体—タンパク質の加工から細胞分裂までかかわる驚異のメカニズム— | サイエンス&テクノロジー | 研究・社会連携 | 京都産業大学: http://www.kyoto-su.ac.jp/project/st/st13_06.html

ゴルジ体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:21