健康用語WEB事典

サイロキシン結合グロブリン(thyroxine binding globulin : TBG)

肝臓で産生される糖タンパク質サイロキシントリヨードサイロニンなどの甲状腺ホルモンと結合し、これらを血液中で輸送する役割を持つ。*1*2

サイロキシンに対する親和性がトリヨードサイロニンの約20倍で、血中のサイロキシンの約75%が結合する。*3

*1NAGOYA Repository: 甲状腺学との三十三年間 : 研究を続けるきっかけとなったいくつかの出来事: http://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/jspui/handle/2237/20532
*2サイロキシン結合グロブリン, TBG(thyroxine binding globulin): https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/koujou/tbg.htm
*3甲状腺ホルモン輸送:甲状腺から標的核受容体への旅路 鈴木悟 信州大学大学院医学系研究科加齢病態制御学分野: http://plaza.umin.ac.jp/~s-igaku/DATA/59_06/59_06_02.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


サイロキシン結合グロブリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-19 (日) 08:18:59