健康用語WEB事典

サイログロブリン(thyroglobulin)

甲状腺ホルモンであるトリヨードサイロニン(T3)およびトランスサイレチン(T4)の前駆体となる糖タンパク質血液中に微量存在する。*1

甲状腺がんの治療などのために甲状腺を摘出した場合は作られなくなる。治療後にサイログロブリンを測定することでがん細胞が体内に残っているかどうかを確認することができる。

サイログロブリンとは甲状腺細胞のみが作ることができる物質で、その細胞から発生した乳頭濾胞?においても作られています。...

甲状腺全摘後にはサイログロブリンを測定することにより、の再発をかなり早期に発見できることが可能となります。*2

*1遊離トリヨードサイロニン,FT3(Free triiodothyronine): https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/koujou/FT3.htm
*2名古屋大学医学部付属病院 乳腺・内分泌外科:甲状腺-治療-退院後の治療: https://www.med.nagoya-u.ac.jp/nyusen/sick/thyroid/t_cure_kind10.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


サイログロブリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:23