サクラネチン(sakuranetin)

イネの主要なフラボノイド型のファイトアレキシン代謝によってゲンクワニンとなる。*1*2

サクラネチンの化学構造

イネいもち病菌に対する抗活性を持つ。ヒトを含む動物に対しても、脂肪細胞誘導効果や抗炎症効果が報告されている。

*1イネの耐病性増強へつながる成果-生理活性フラボノイド「サクラネチン」生産の鍵酵素遺伝子をイネで発見 | 東京大学大学院農学生命科学研究科: https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2012/20120604-1.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | イネのフラボノイド系ファイトアレキシン生合成酵素に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-16780079): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16780079/

コメントはありません。


サクラネチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filesakuranetin.png 閲覧数 6回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-11-12 (火) 11:38:23