健康用語WEB事典

サトウキビカビ脳症(moldy sugarcane poisoning)

サトウキビに生じるアースリニウム?属のカビが産生する3-ニトロプロピオン酸が原因となる中毒神経疾患。1970〜80年代に中国北部に発生した。

サトウキビの摂食後に意識障害痙攣が起こり、被殻および淡蒼球に対称性の病変を認めるなど、スギヒラタケ関連脳症?に酷似しているとされる。*1

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 2006 年度 実績報告書 (KAKENHI-PROJECT-18659255): https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-18659255/186592552006jisseki/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


サトウキビカビ脳症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-12-17 (月) 14:07:54