サポニン(saponin)

植物由来のバイオサーファクタントのひとつ。ステロイドまたはトリテルペノイドを含む配糖体。過去には石鹸の代わりに用いられていた。生物に対しては溶血血球凝集粘膜刺激などの作用を持つ。*1

アグリコンとなる物質の化学構造によって以下の2つに分けられる。

サポニンのアグリコンサポゲニンと呼ばれる。

*1新しい界面活性剤の性質と応用 バイオサーファクタント 木村義晴 井上恵雄 花王株式会社 栃木第1研究所(栃木県芳賀郡市貝町大字赤羽2606): https://www.jstage.jst.go.jp/article/jos1956/34/12/34_12_1041/_pdf

サポニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-15 (月) 11:16:10