サラゾスルファピリジン(salazosulfapyridine)

関節リウマチの治療薬。スルファサラジンとも。

サラゾスルファピリジンの化学構造

効果発現が1~2ヶ月と抗リウマチ薬の中では比較的早い。副作用には胃腸障害や発熱が多い。非常に激しい皮疹機能障害、白血球減少が起こることがある。*1*2

*1内科医が診るべき骨・関節疾患:治療の新展開 関節リウマチ 抗リウマチ薬 山中寿: https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/97/10/97_2399/_pdf
*2順天堂大学医学部付属順天堂越谷病院院長 髙崎芳成 免疫調整薬・免疫抑制薬: https://www.kyorin-pharm.co.jp/prodinfo/useful/doctorsalon/upload_docs/180562-2-58.pdf

サラゾスルファピリジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filesalazosulfapyridine.png 閲覧数 45回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-04-26 (金) 16:34:32