サリチル酸(salicylic acid)

サリシンから抽出された非ステロイド系抗炎症薬示性式は C6H4(OH)COOH

サリチル酸の化学構造

サリシンよりも苦味は軽減されたが、刺激性が強く粘膜の障害を引き起こす副作用がある。*1

1850年頃に初めてサリチル酸からアセチルサリチル酸が合成されたが、すぐ実用レベルにまでは至らず、1899年にアスピリンとして広く使用される様になった。*2

*1(株)化学同人 京都大学大学院薬学研究科 くすりをつくる研究者の仕事 薬のネタ探しから私たちに届くまで 2017/3/30
*2聖マリアンナ医科大学 医学会 非ステロイド抗炎症薬 川合眞一: http://igakukai.marianna-u.ac.jp/idaishi/www/296/01kawai.pdf

サリチル酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filesalicylic-acid.png 閲覧数 89回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-08-17 (金) 08:16:58