サルモネラ菌(salmonella)

サルモネラ属の細菌の総称。腸管上皮細胞感染して胃腸炎食中毒を起こすグラム陰性桿菌

サルモネラ菌に分類されるは2000種類以上が確認されているが、食中毒の原因となる代表はサルモネラ・エンテリティディス

腸チフスの原因となるチフス菌パラチフスの原因となるパラチフスA菌もサルモネラ属に属す。*1

様々な動物の消化管に存在する。乳や鶏卵、肉などとそれらの加工品から検出される。鶏卵の中から検出される場合もある。*2*3

このの移動経路は、殻に付着したの中に入る場合と、に汚染された鶏が中にサルモネラ菌を含むを産む場合の2通りがある。*4

牛や豚などは、と畜場で解体処理する過程で腸内にいる腸管出血性大腸菌やサルモネラのような病原性の細菌がお肉や内臓に付着したり、E型肝炎ウイルスなどの人に害を与えるウイルス寄生虫感染している場合があります。このため、新鮮なものかどうかに関わらず、重篤な食中毒が発生する危険性があります。*5

10℃以下ではほとんど発育せず、60℃で20分の加熱で死滅する。また、を濡らすと殻からが侵入しやすくなる。

サルモネラ菌による症状*6

感染から12~24時間後に発症し、以下の症状が現れる。

症状は一週間程度で回復する。サルモネラ菌の感染力は低い。

*1北海道千歳リハビリテーション大学 保健管理センター便り 2017年7月12日: http://www.chitose-reha.ac.jp/news/wp-content/uploads/2017/07/%E4%BF%9D%E5%81%A5%E7%AE%A1%E7%90%86%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E4%BE%BF%E3%82%8A%EF%BC%92.pdf
*2家政教育講座 食物学研究室 大阪教育大学 食中毒: http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~ioku/foodsite/syokuchudoku2.htm
*3サルモネラ - 夏の食中毒 - Cute.Guides at 九州大学 Kyushu University: http://guides.lib.kyushu-u.ac.jp/content.php?pid=598536&sid=4935130
*4エスカルゴサイエンス 生田哲 感染症と免疫の仕組み
*5食中毒 |厚生労働省: http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/
*6サルモネラ食中毒: http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~wadakg/keyword/salmonella.html

サルモネラ菌に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-08 (金) 15:15:47