サンショオール(sanshool)

サンショウに含まれる辛味成分。分子内に4つの二重結合を含むアミドヒドロキシ-α-サンショオールとも。

サンショオール(ヒドロキシ-α-サンショオール)の化学療法

大脳に作用し内臓の働きを活発化させる働きや麻痺作用を持つ。*1*2

辛味カプサイシンに比べて非常に弱いが、TRPV1の活性化し、麻酔のような痺れをもたらす。また、カリウムチャネルKCNK3?KCNK18?を介して痛覚だけではなく触覚に分類される感覚神経を活性化することが報告されている。*3

*1東京学芸大学 学芸の森 私の植物 サンショウ: https://www.u-gakugei.ac.jp/~planttgu/dokodemo/pc/034.htm
*2北海道医療大学 日本のスパイスと『七味唐辛子』のお話 山椒のお話: http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~maruho/2d-02sansyou.html
*3日本調理科学会誌 スパイスの化学受容と機能性 川端二功: https://www.jstage.jst.go.jp/article/cookeryscience/46/1/46_1/_pdf

サンショオールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filehydroxy-α-sanshool.png 閲覧数 10回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-11-18 (月) 09:46:11