健康用語WEB事典

シアヌル酸(cyanuric acid)

トリアジンに3つのヒドロキシ基を持ち、合計3つの窒素原子を含むヘテロ環式化合物異性体イソシアヌル酸がある。*1

シアヌル酸の化学構造

尿素からメラミンを生成する際に発生する。シアヌル酸が添加された食品や飼料を摂取することで、ヒトや動物が激しい障害を起こすことが知られている。*2

*1三重大学学術機関リポジトリ研究教育成果コレクション: https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=6195&item_no=1&page_id=13&block_id=21
*2動物の健康を守り、人間の健康にもつなげる—“メラミン”によるペット大量死―そのメカニズムの解明— | サイエンス&テクノロジー | 研究・社会連携 | 京都産業大学: https://www.kyoto-su.ac.jp/project/st/st15_08.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


シアヌル酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filecyanuric_acid.png 閲覧数 61回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-06-06 (木) 09:56:48