健康用語WEB事典

シアノヒドリン(cyanohydrin)

分子内にシアノ基ヒドロキシ基を持つ化合物の総称。*1

植物中の青酸配糖体細胞が破壊をきっかけにβ-グルコシダーゼと接触することにより生成される。シアノヒドリンがさらに分解されると最終的に青酸が遊離する。*2

*1名城大学理工学部 応用化学科 永田研究室 有機化学Ⅱ 講義資料 第 20 回「アルデヒド・ケトンへの求核付加反応 (1)」: http://www2.meijo-u.ac.jp/~tnagata/education/ochem2/2019/ochem2_20.pdf
*2天然物由来成分に騙されるな(天然物は本当に安全なの?)近畿大学生物理工学部生物工学科 松川哲也 梶山慎一郎: https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9210/9210_yomoyama.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


シアノヒドリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-04-23 (木) 09:02:54