シアル酸(sialic acid)

糖鎖糖タンパク質オリゴ糖など)の非還元末端に局在する酸性九炭糖ノイラミン酸を骨格とする[[アシル化][[]誘導体]]。N-アセチルノイラミン酸N-グリコリルノイラミン酸デアミノノイラミン酸などがあり、カルボキシル基に起因する負電荷を持つ。*1*2*3

シアル酸はヒトの細胞表面に豊富にあり、負の電荷を持つことにより、好ましくない細胞間相互作用を妨げる働きを助けている。*4

シアル酸の重合体であるポリシアル酸は情動や学習、記憶体内時計の維持、社会性行動に関わることが知られている。*5

シアル酸を含む糖鎖細胞の外側に存在し、シアル酸結合タンパク質を介した免疫細胞同士の結合に関わる。*6

*1シアリダーゼによる細胞機能の制御とその異常 宮城妙子: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/11/80-01-03.pdf
*2ポリシアル酸の新機能と神経形成維持機構 佐藤ちひろ,北島健: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/05/83-03-04.pdf
*3シアル酸の構造決定にまつわるあるエピソード 中川淑郎 横浜市立大学名誉教授,(独) 産業技術総合研究所 (北海道センター) 客員研究員: https://ycu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=415&item_no=1&page_id=4&block_id=34
*4シアロアドヘシンと関連レクチンによるシアル酸の認識: https://www.jstage.jst.go.jp/article/tigg1989/9/47/9_47_283/_article/-char/ja/
*5名古屋大学 生物機能開発利用研究センター 動物細胞機能研究分野 | 研究内容: http://bbc.agr.nagoya-u.ac.jp/~acf/research.html
*6リンパ球表面のシアル酸を介した免疫制御機構の解明に成功 -糖鎖を介した免疫応答の人為的な制御に期待- — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2013_1/140120_2.htm

シアル酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-09-20 (金) 16:03:20