健康用語WEB事典

シアン中毒(cyanide poisoning)

シアン化合物青酸化合物)による中毒

解毒剤として赤血球中のヘモグロビンをメト化する亜硝酸化合物があるが、解毒効果を発揮するまでに時間を要する欠点がある。

メトヘモグロビンを含む人工赤血球製剤(メトヘモグロビン小胞体、metHb@Lipo)が強力かつ迅速な解毒剤となり得ることが示唆されている。*1

タグ: シアン 青酸 中毒 ヘモグロビン 亜硝酸

*1人工赤血球から新規シアン中毒解毒剤を開発-即効性と汎用性を併せ持つ、シアン中毒の治療に有効性が期待-:[慶應義塾]: https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2021/9/3/28-81899/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


シアン中毒に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-09-04 (土) 15:44:53