シェーグレン症候群(Sjögren's syndrome : SjS)

外分泌腺が標的となることを特徴とする全身性の自己免疫疾患。女性の発症率は男性の9〜20倍。

分泌機能の低下、の乾燥(ドライアイ)、口腔の乾燥、全身の臓器粘膜表面の障害などが起こる。関節リウマチ全身性エリテマトーデスとの鑑別が困難な場合も多い。*1*2

*1シェーグレン症候群|膠原病・リウマチ内科|順天堂医院: https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/kogen/about/disease/kanja02_02.html
*2東京理科大学TLO/慶應義塾大学/株式会社オーガンテクノロジーズ 科学雑誌『Nature Communications』(オンライン版)に成果を発表『器官再生による涙腺機能の回復が可能であることを実証』: https://www.tus.ac.jp/ura/pressrelease/pdf/131002b.pdf

シェーグレン症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-05-27 (日) 08:06:38