シクロオキシゲナーゼ-1(cyclooxygenase-1 : COX-1)

シクロオキシゲナーゼのひとつ。ほぼ全ての細胞に常時発現している構成型酵素。主に粘膜血小板などに存在する。*1*2

非ステロイド系抗炎症薬の作用はCOX-1およびCOX-2を阻害することによるが、この阻害の副作用として粘膜腎臓血小板の機能障害が起こる。粘膜障害はCOX-1の阻害作用により発現すると考えられている。*3

*1名城大学薬学部 薬品作用学研究室 非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs,解熱性鎮痛薬): http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/mhiramt/EText/Diseases_Drugs/NSAIDs.htm
*2COX-2 阻害薬メロキシカム(モービック)の薬理作用と臨床効果 日本ベーリンガーインゲルハイム(株)川西医薬研究所薬理学部 荻野桂子 大杉武 佐藤壽 医薬マーケティング部 斎藤和重: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/120/6/120_6_391/_pdf
*3歯薬療法 古くて新しい鎮痛薬アセトアミノフェン: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsotp/28/3/28_3_109/_pdf/-char/ja

シクロオキシゲナーゼ-1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-10-15 (火) 08:49:41