シグナルペプチド(signal peptide)

タンパク質が持つ特定の短いアミノ酸配列で、そのタンパク質細胞内の特定の部位に輸送したり細胞外に分泌したりする際の移動先を指定する働きを持つ。

シグナルペプチドを持たないタンパク質IL-1βフェリチンなど)はTRIMタンパク質に結合するとによってオートファジー関連構造物に輸送される。*1

*1炎症性タンパク質の分泌にはオートファジーが関与する — リソウ: http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2016/20161212_1

シグナルペプチドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-02 (木) 12:12:56