健康用語WEB事典

シグレック(siglec)

主に免疫系に発現する受容体レクチンファミリーシアル酸を含む糖鎖シアログリカン?)を認識し、自己と非自己を区別して免疫細胞の活性化を抑制することにより、それによる自己免疫を防ぐ役割を持つとされる。*1*2

多くはITIM細胞内領域に持ち、抑制性シグナルを伝達する。

以下の4種類は哺乳動物では共通に保存されている。

  • シグレック1?シアロアドヘシン?
  • シグレック2?CD22?
  • シグレック4?MAG?
  • シグレック15?
*1シグレック遺伝子の多型・変異と疾患 安形高志: https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890652/data/index.html
*2膜結合型ムチンを介したシグナル伝達による腫瘍悪性化: https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2016.880511/data/index.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


シグレックに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-04-28 (火) 08:54:42