健康用語WEB事典

シグレック10(siglec 10)

シグレックのひとつ。免疫細胞表面のシアル酸に結合するとすることで、その免疫細胞の機能を抑制する作用を持つ。

ギラン・バレー症候群では変異したシグレック10が集積する。これはガングリオシドに結合できないために、ガングリオシドに反応した免疫細胞の活性化を抑制できず、ガングリオシドへの自己抗体産生が起こると考えられている。*1

タグ: 免疫 シグレック ギラン・バレー症候群

*1「原因不明の免疫性神経疾患ギラン・バレー症候群に関連する遺伝子変異の同定に成功」 ギラン・バレー症候群発症の仕組み解明への手がかりとリスク因子の同定: http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20201125-2.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


シグレック10に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-12-02 (水) 10:29:28