健康用語WEB事典

シスチンアミノペプチダーゼ(cystine aminopeptidase : CAP)

オキシトシナーゼの一種。オキシトシンバソプレシンを、N末端に位置し環状構造の形成に関与しているシステイン残基とその隣のチロシン残基との間で切断することによって不活化する。*1

*1学位論文要旨詳細 シスチンアミノペプチダーゼの生理作用に関する研究 松本英子: http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=113302

ご意見・ご要望をお聞かせください。


シスチンアミノペプチダーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-02-07 (木) 12:38:56