健康用語WEB事典

システイン酸(cysteic acid)

アミノ酸のひとつ。システインチオール基スルホ基に変わった構造を持つ。

L-システイン酸の化学構造

毛髪先は、根元よりシステインおよびシスチン含量が少なく、システインが多いことが確認されている。これは先が受ける損傷によって酸化が進行したことを示唆している。*1

毛髪ケラチンを構成するシステインジスルフィド結合が、ブリーチ施術によって酸化してシステインが生じることが知られている。*2*3

*1宇都宮大学大学院工学研究科 博士後期課程 システム創成工学専攻 景山元裕 超薄分子膜の自己組織化構造を利用した毛髪表面モデルの構築とヘアコンディショニング剤の吸着特性に関する研究: https://uuair.lib.utsunomiya-u.ac.jp/dspace/bitstream/10241/9195/2/DT_000395_1_Full.pdf
*2信州大学 ブリーチによるヘアダメージ | 藤井研究室ホームページ: http://fiber.shinshu-u.ac.jp/fujii-lab/bleach.html
*3ヒト毛髪タンパク質の酸化変動の分析 岐阜大学工学部生命工学科 生命情報工学第二講座 船川真央: http://www1.gifu-u.ac.jp/~xyosida/sotsuken-data/07%E5%8D%92%E8%AB%96%20Funakawa.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


システイン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileL-cysteic_acid.png 閲覧数 216回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-08-01 (土) 08:39:01