健康用語WEB事典

シスプラチン(cisplatin)

抗がん剤のひとつ。プラチナを含む化合物で、がん細胞DNAと結合して、がん細胞の分裂の停止および細胞死を誘発する。*1

ファンコニ貧血の患者の細胞はシスプラチンによって死滅しやすい。*2

シスプラチンの成分が原因と考えられるアレルギーの存在が報告されている。

*12015年1月 国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科・薬剤部・看護部: シスプラチン・ビノレルビン療法の治療を受ける患者さんへ: http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/2_cisplatin_vinorelbine.pdf
*2抗がん治療薬、シスプラチンが、がん細胞に効かなくなる分子機構の究明 — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110405_1.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


シスプラチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:27