シタグリプチン(sitagliptin)

最初に開発された二型糖尿病の治療薬。エナンチオマーのうちR体のみに効果がある。商品名はジャヌビアスージャヌ*1*2

シタグリプチンの化学構造

シタグリプチンはDPP-4を阻害してインクレチンGLP-1およびGIP)のDPP-4による分解を抑制し、活性型インクレチン濃度を上昇させることにより、血糖値依存的にインスリン分泌促進作用並びにグルカゴン濃度低下作用を増強する。*3

*1(株)化学同人 京都大学大学院薬学研究科 くすりをつくる研究者の仕事 薬のネタ探しから私たちに届くまで 2017/3/30
*2スージャヌ配合錠: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3969107F1022_1_05/
*3ジャヌビア錠12.5mg/ジャヌビア錠25mg/ジャヌビア錠50mg/ジャヌビア錠100mg: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3969010F1034_2_29/

シタグリプチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filesitagliptin.png 閲覧数 27回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-06-11 (火) 08:01:22