健康用語WEB事典

シナプスブートン(synapse bouton)

シナプス後膜に存在する、神経伝達物質を受け取る部分のこと。

放出された神経伝達物質シナプス間隙を経て次の神経細胞細胞膜シナプス後膜シナプスブートンと呼ばれる)にある受容体に作用し、シナプス後細胞膜電位を変えることで興奮または抑制が起こります。*1

神経筋接合部における運動神経軸索末端では、シナプス小胞が充填されたコブ状のブートンが存在する。*2

*1ブックマン社 藤野武彦 馬渡志郎 片渕俊彦 認知症はもう不治の病ではない! 脳内プラズマローゲンが神経細胞を申請する(2015/10/10)
*2【研究成果】がん関連タンパク質が神経シナプス結合の調節をしていることを発見 - ショウジョウバエ幼虫の運動神経を用いて証明 – | 広島大学: https://www.hiroshima-u.ac.jp/research/news/39943

ご意見・ご要望をお聞かせください。


シナプスブートンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-07-22 (水) 16:38:58