健康用語WEB事典

シナプス刈り込み(synaptic pruning)

生まれた直後のヒトを含む哺乳類のには、必要以上のシナプスが存在する。その中の必要なシナプスのみのを残し、不要なシナプスを除去する過程のこと。P/Q型カルシウムチャネルが必須であることが報告されている。*1

生後間もないには過剰な神経結合(シナプス)が存在するが、やがて必要な結合は強められ、不要な結合は除去されて、機能的な神経回路が完成する。この過程は「シナプス刈り込み」と呼ばれ、神経回路発達における普遍的現象であり、その異常は統合失調症自閉症とも関係すると考えられている。*2

小脳におけるシナプス刈り込みには、抑制性神経伝達物質であるγ-アミノ酪酸GABA)の働きが必要であるとされる。

*1シナプス刈り込みの分子メカニズムを解明 | 東京大学: https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/p01_230531.html
*2抑制性神経伝達物質GABAが脳のシナプス刈り込みを制御する | 東京大学: http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_240427_j.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


シナプス刈り込みに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:28