シナプス前終末(pre-synapse)

神経細胞シナプスのうち、神経伝達物質を放出する側。プレシナプスとも呼ばれる。

ここにシナプス小胞がある。この末端部分の細胞膜シナプス前膜と呼ぶ。

神経伝達物質を放出する際、シナプス小胞シナプス前膜カルシウムイオン(Ca2+)によって融合する。*1

軸索終末部には、神経伝達物質の詰まったシナプス小胞があります。神経細胞が興奮すると、細胞脱分極します。脱分極すると軸索終末部のCa2+チャンネルが開き、細胞外から細胞内へと Ca2+ が流入します。これが引き金となって、シナプス小胞が開口放出されます。シナプス小胞の中に入っていた神経伝達物質は、シナプス前細胞シナプス後細胞の間の間隙、シナプス間隙を拡散し、受容体を活性化させることで、信号が伝わります。*2

*1東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 脳の構成要素: http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/naibunpi/Oka/KomabaLecture-2.pdf
*2東北大学医学部 医学基礎生物学 「受容体、エキソサイトーシス、シナプス」:http://www.ims.med.tohoku.ac.jp/matsui/materials/20131212-%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E8%AC%9B%E7%BE%A9%EF%BC%88%E6%9D%BE%E4%BA%95%EF%BC%89%E5%95%8F%E9%A1%8C%E9%9B%86%EF%BC%8B%E8%A7%A3%E8%AA%AC.pdf

シナプス前終末に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:28