シナプス間隙(synaptic cleft)

ある神経細胞シナプス前膜と、接続相手の神経細胞シナプス後膜との間にできる20nm程度の隙間。*1

シナプス間隙は細胞外液によって満たされており、シナプス前膜シナプス小胞からそこに神経伝達物質が放出される。

シナプス間隙に放出された神経伝達物質シナプス後膜にある受容体に結合してそれらを活性化させ、イオンチャネルを開かせる。これによって異なる神経細胞へ電気信号を伝達する。*2*3

*1京都産業大学 サイエンス&テクノロジー VOL.14: https://www.kyoto-su.ac.jp/faculty/professors/nls/ahcetq00000024ee-att/st_hama.pdf
*2ニューロン内部での情報伝達: http://www.aso.ecei.tohoku.ac.jp/~yoshi/study/neural/chapter2_3.html
*3京都産業大学 脳のシナプスの“すき間”では何が起きているのか 局在するたんぱく質からシナプス間隙の役割を明らかに: http://www.kyoto-su.ac.jp/project/st/st14_06.html

シナプス間隙に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-05 (日) 15:40:54