シャペロニン(Chaperonins)

分子量58000〜64000程度の分子シャペロン

様々な生物のミトコンドリアが共通して持つことが確認されている。

分子シャペロンの概念を発表した翌年,EllisはHemmingsenらとともに,植物のRuBisCOサブユニットに結合するオリゴマータンパク質大腸菌GroELと相同分子であることを同定した.同時期にMcMullinらによって,GroEL抗体に交差する,分子量58,000–64,000のタンパク質が,酵母,カエル,トウモロコシ,ヒトのミトコンドリアに共通して存在することが明らかにされていたことから,Ellisらはこのサイズのタンパク質が進化的に保存された分子シャペロンであると考え,特別に“シャペロニン”(Chaperonins)と呼ぶことを発表した.

分子シャペロンとシャペロニンはよく混同されるが,シャペロニンはヌクレオプラスミン?HSP70などと同じように,分子シャペロンの定義に当てはまる一つのタンパク質ファミリーである.*1

*1分子シャペロン ~誕生の歴史と概念~: https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9304/9304_yomoyama.pdf

シャペロニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:29