ショウガ(ginger)

熱帯アジア原産のショウガ科の多年草。根茎が食品や漢方として用いられる。漢字では生姜生薑*1

α-ジンギベレンβ-ビサボレン辛味成分としてジンゲロールショウガオールなどを含む。

体温を上昇させる作用を持つ。干した生姜には鎮痛鎮咳解熱などの作用があるとされる。*2*3

生ショウガ中の6-ジンゲロール6-ショウガオールの割合は98:2であった。60分間の茹で・蒸し加熱により,6-ショウガオールはそれぞれ3倍以上有意に増加したが,大半の6-ジンゲロールは残存していた(93:7茹で),(92:8蒸し)。*4

*1熊本大学薬学部 薬草園 ショウガ: http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/yakusodb/detail/003392.php
*2ショウガ摂取がヒト体表温に及ぼす影響: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs1983/58/1/58_1_3/_article/-char/ja/
*3東邦大学医学部 東洋医学研究室 田中耕一郎 生姜のお話: http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~maruho/2d-03syouga.html
*4ショウガ中の6-ジンゲロールの加熱調理による変化: https://www.jstage.jst.go.jp/article/cookeryscience/48/6/48_398/_article/-char/ja/

ショウガに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-11-08 (金) 20:53:55