健康用語WEB事典

シラスタチン(cilastatin)

イミペネム代謝を阻害する薬剤として開発され、合剤(イミペネム・シラスタチン)として用いられてきた薬剤。*1

シラスタチンの化学構造

メガリン毒性を持つ薬剤アミノグリコシド系コリスチンバンコマイシンシスプラチンなど)と結合することを阻害し、障害の発症を予防する作用を持つ。

*1新潟大学 薬剤性腎症の発症機序とその予防薬を発見! 腎毒性薬剤が急性腎障害を引き起こす機序を解明するとともに、その予防薬を発見しました: https://www.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2017/01/290106.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


シラスタチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filecilastatin.png 閲覧数 193回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-04-23 (火) 18:31:55