健康用語WEB事典

ジアシルグリセロール(diacylglycerol : DG)

グリセリンに2つの脂肪酸エステル結合した構造を持つ脂質ジグリセリドとも。

2つの脂肪酸グリセリンに結合する位置の違いによって、以下の2つの構造異性体が存在する。

トリグリセリドATGL触媒されて加水分解されることで生じる。ジアシルグリセロールはホルモン感受性リパーゼHSL)に触媒され加水分解され、モノアシルグリセロール遊離脂肪酸を生じる。

また、ホスファチジルイノシトール-4,5-ビスリン酸加水分解によっても生じる。プロテインキナーゼCなどの酵素を活性化する働きがある。*1

細胞膜内においてセカンドメッセンジャーとして働く。ジアシルグリセロールの異常な産生はがんアルツハイマー病を誘導することが知られている。*2

ジアシルグリセロールキナーゼによってリン酸化されてホスファチジン酸となる。*3

*1脳におけるジアシルグリセロールキナーゼの機能 白井康仁: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2015/03/86-04-17.pdf
*2細胞内膜の裏側で、機能性脂質の動態の可視化に成功 | 理化学研究所: http://www.riken.jp/pr/press/2015/20150817_1/
*3内閣府 食品安全委員会 食品安全総合情報システム ジアシルグリセロールの細胞内代謝: https://www.fsc.go.jp/fsciis/attachedFile/download?retrievalId=kai20051202te2&fileId=106

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ジアシルグリセロールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-05 (水) 15:19:29