ジアリルメラミン(diallylmelamine)

1960年頃にファルマシア社(旧アップジョン社)が分泌阻害薬として開発を試みていた薬物

後に降圧作用を持つことがわかり、その誘導体であるミノキシジル降圧薬として開発された。*1

*1ミノキシジルの発毛作用について 小友進: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/119/3/119_3_167/_pdf

ジアリルメラミンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-21 (火) 11:19:50